Top >  大人の百日咳 >  大人の百日咳

大人の百日咳

スポンサード リンク

大人の百日咳では咳が長期にわたって持続します。


しかし、大人や思春期の人の場合、百日咳の典型的な発作性の咳嗽を示すことはなく、やがて回復に向かうこともあります。そのような場合、7日以上続く咳が主症状で、息を吸い込むときの高音は通常は伴いません。よって、百日咳と他の上気道炎とを区別しにくく、軽症で診断が見のがされやすい事実もありますが、百日咳菌の排出があるため、大人の百日咳は、ワクチン未接種の新生児・乳児に対する感染源として注意が必要です。


7日以上続く咳の症状を示す大人の25%以上から百日咳菌が分離されたという研究がいくつかあります。
家族の中で多くの百日咳の患者の発生があったときには、大人が最初にかかって、他の家族を感染させている場合があります。

大人の百日咳

大人の百日咳(急性気道感染症)について

関連エントリー

大人の百日咳