Top >  百日咳の症状 >  百日咳の初期症状

百日咳の初期症状

スポンサード リンク

ここでは百日咳の初期症状についてお話します。


百日咳の臨床経過は、カタル期、痙咳期、回復期の3期に分けられます。百日咳カタル期は、通常7~10日間程度の潜伏期を経て、次のような症状をもたらします。


まずは、普通のかぜ症状で始まり、鼻水、微熱、くしゃみや咳といったカゼ症状が強まります。咳は、だんだんとひどくなり、次第に咳の回数が増えて程度も激しくなります。1-2週間後に、第二の痙咳期(咳発作期)に入ります。カタル期に、他の原因による上気道炎と区別して百日咳と診断することは難しいのですが、「家族が百日咳にかかっている」「友人が百日咳にかかっている」「学校で百日咳がはやっている」「職場で百日咳がはやっている」といった患者の周囲の情報が有用なようです。

百日咳の症状

急性気道感染症である、子供の感染症:百日咳の症状について

関連エントリー

百日咳の回復期の症状 百日咳の中期症状 百日咳の初期症状