Top >  百日咳 >  百日咳は再び流行する可能性がある

百日咳は再び流行する可能性がある

スポンサード リンク

百日咳は世界的に見られる疾患で、いずれの年齢でもかかりますが、幼児が中心となっています。


世界の百日咳患者数は年間2,000 ~4,000 万人で、その約90%は発展途上国の子どもあり、死亡数は約20~40 万人とされています。1990年代に入ってから百日咳の患者発生の報告数の増加が見られ、1999年には6031人の患者発生の報告数となっています。この増加の原因は、よくわかっていません。


日本国内では百日咳は近年みられるのでしょうか。例を挙げれば、横浜市では、一年を通じて発生が見られますが、春の発生が比較的多いようです。大きな流行は十年来見られていません。百日咳は、1990年にロシアから始まったジフテリアの流行同様、ワクチン接種が滞れば再び流行の可能性のある感染症です。

百日咳

急性気道感染症である、子供の感染症:百日咳について

関連エントリー

百日咳は再び流行する可能性がある 世界で発生している百日咳 百日咳について