Top >  百日咳と免疫 >  百日咳の免疫について

百日咳の免疫について

スポンサード リンク

百日咳の免疫についてお話します。百日咳は終生免疫であり、一度かかると免疫ができ二度とかからない病気です。


この病気はお母さんから免疫をもらえないので産まれて間もない赤ちゃんがかかります。赤ちゃんがかかると呼吸困難など重症となる場合が多く、命にかかわることもあります。


赤ちゃんから親に百日咳がうつることはありません。先ほど述べた一度かかると免疫ができ二度とかからないしくみを活かしたのが予防接種です。予防接種は、生きた病原体の毒性を弱めた「生ワクチン」や病原体を殺して必要な成分を取り出して作った「不活化ワクチン」などを接種することによって抗体(免疫)をつくり、伝染病を防ごうとするのが目的です。百日咳等、伝染病にかからないように予防しましょう。

百日咳と免疫

急性気道感染症である、子供の感染症:百日咳と免疫について

関連エントリー

百日咳の免疫について