Top >  百日咳と妊娠 >  妊娠中の百日咳ワクチンの使用について

妊娠中の百日咳ワクチンの使用について

スポンサード リンク

妊娠中に百日咳ワクチンを使ってよいのか不安に思う方もいることでしょう。


百日咳菌の飛沫感染によって発症します。百日咳の初期症状は風邪のような症状で始まり、顔を真っ赤にするほど連続して咳き込むほど、咳がひどくなります。赤ちゃんが百日咳にかかると、呼吸ができなくなり、チアノーゼがおこりけいれんを起こすことがあります。近年、百日咳の発症例は少ないものの、乳児にとっては怖い病気です。一般的には妊娠中は生ワクチン投与は不可、不活化ワクチン投与は可とされています。


従って必要性があれば投与しても良い不活化ワクチンはありますが、原則的には妊娠中はワクチン接種をすべきではありません。しかし、母体にとって必要があれば接種してもよいものとして、百日咳のワクチンが挙げられています。

百日咳と妊娠

急性気道感染症である、感染症:百日咳と妊娠、妊婦について

関連エントリー

妊娠中の方へ~百日咳について~ 妊娠中の百日咳ワクチンの使用について