Top >  百日咳と赤ちゃん >  百日咳と予防接種

百日咳と予防接種

スポンサード リンク

ここでは百日咳と予防接種についてみてみましょう。


1981年秋からこの無細胞(精製、とも表現する)百日咳ワクチン(aP)を含むDPT 三種混合ワクチン(DTaP)が導入され、1994年10月からはDPT ワクチンの接種開始年齢がそれまでの2歳から3カ月に引き下げられました。しかし、副作用等を考えると百日咳予防接種は、必要な場合に限るべきだという医師もいます。


例えば、少なくとも3歳以上の子に百日咳の予防接種をする必要は乏しく、せめて心臓病をもつ子とか肺炎をおこしやすい子にかぎるべきだという考え等がそうです。百日咳にかかった人の家族や濃厚接触者には、年齢、予防接種歴に関わらず、エリスロマイシン、クラリスロマイシンなどを10~14日間予防投与することが多いようです。

百日咳と赤ちゃん

急性気道感染症である、子供の感染症:百日咳と赤ちゃんについて

関連エントリー

百日咳と予防接種 赤ちゃんと百日咳