Top >  百日咳と咳 >  百日咳の咳の特徴

百日咳の咳の特徴

スポンサード リンク

百日咳の咳の特徴についてみてみましょう。

普通のカゼなら治るはずの時期になっても咳が続き、しかも徐々にひどくなってきます。やがて時に嘔吐を伴う激しい百日咳に特徴的な咳発作が出るようになります。

百日咳の咳というのは、まず顔を真っ赤にしてコンコンコンと立て続けに激しく咳き込み(スタッカート)、それに引き続いてヒューと音をたてて息を吸い込みます(フープ)。このスタッカートとフープの一連の発作を何度も繰り返すことをレプリーゼと呼びます。

しかし、年長児や成人の百日咳は特有な咳がなく、気が付かれないまま、乳幼児への感染源となっていることが多いことも報告されています。青少年・成人症例を把握・報告するシステムが確立されていないのが現状です。

百日咳と咳

子供の感染症:百日咳の咳について

関連エントリー

百日咳の咳の特徴