Top >  百日咳 >  百日咳について

百日咳について

スポンサード リンク

今日は百日咳についてお話します。


百日咳(pertussis, whooping cough )は、特有のけいれん性の咳発作(痙咳発作)を特徴とする急性気道感染症です。百日咳は母親からの免疫(経胎盤移行抗体)が期待できません。よって百日咳は乳児期早期から罹患します。


百日咳は、1歳以下の乳児、ことに生後6 カ月以下では死に至る危険性も高い病気なのです。百日咳には予防接種(ワクチン)があります。百日咳(P)・破傷風(T)・ジフテリア(D)の3種が一緒になった三種混合ワクチン(DPT)の形で通常は接種されます。定期接種ですので、かかりつけの医師に相談しましょう。


日本では生後3か月から三種混合ワクチン(DPT)を接種することができます。回数が多いので忘れないように確実に接種をすすめていくことが大切ですね。


▼百日咳の予防接種(ワクチン)
・・・・・三種混合ワクチン(DPT)<百日咳(P)・破傷風(T)・ジフテリア(D)>

百日咳

急性気道感染症である、子供の感染症:百日咳について

関連エントリー

百日咳は再び流行する可能性がある 世界で発生している百日咳 百日咳について